民泊需要拡大の背景

慢性的な宿泊施設不足

日本政府による入国ビザ規制緩和などの観光政策 や為替政策により、訪日外国人旅行者が年々増加しています。この傾向は2020年のオリンピック以後も継続して増加するでしょう。一方で日本国内の物理的 要因や法律規制により、宿泊施設の供給は限られており、宿泊者と宿泊施設との需給には著しいギャップがあります。

hotel0008_1


民泊サービスの普及

そ のような需給ギャップの解消手段の一つとして、日本における「民泊サービス」の利用が急拡大しています。少子高齢化による人口減少を背景に、空室や空き家 は増加しており、それらの遊休施設を宿泊施設として活用する「不動産のシェアリングエコノミー」は、利用者にとっても提供者にとっても非常に合理性のある サービスです。ホテルなどの既存業者からの多少の抵抗があるものの、利用者と提供者双方にとってメリットのあるサービスなので、留まることなく拡大してい きます。

belo-1200x630-a0d52af6aba9463c82017da13912f19f


ゲストがトラブルなく快適に滞在するために

初 めての日本旅行をする外国人にとっては、あらゆるものが新鮮で興味深い経験である一方で、日本の生活習慣や法律、交通手段等を知らないことによる障害やト ラブルが発生します。部屋の使い方や生活マナー、国内交通機関の利用方法、迷路のように狭い路地、英語を話せない国民など、多くの支障要因があります。世 界標準で規格化されたホテルを利用し、通訳や添乗員が同行するパッケージツアーであれば、それらの問題は発生し難いですが、Airbnbなどの民泊サービ スを使って安価な自由旅行をする外国人においては、楽しい経験ばかりではありません。

Japan-map-jpg

Comments are closed.

top